コメント 0

2013年 発表

国際学会

1)    Kawamura J, Nomura Y, Masuda K, Morita Y, Arata M, Hazeki D, Yanagimoto K, Ueno K, Eguchi T, Kawano Y. Characteristics of patients with Kawasaki disease who showed non-responsiveness for initial intravenous immunoglobulin treatment among patients predicted as low risk. APCC2013(環太平洋心臓病学会2013会議), Pataya, Thai, 2013. 2.23-2.25

2)    Osako Y, Takei S, Yamashita S, Nonaka Y, Akaike H, Hokonohara M. Quality of life (QOL) in children with juvenile idiopathic arthritis (JIA) treated with biologic agents- a nation-wide survey by using Pediatric Quality of Live Inventory 4.0 Generic Core Scales (PedsQL). ICN 25th Quadrennial Congress 2013, Melbourne, Australia, 2013.5.18-23

3)    Yanagimoto K, Nomura Y, Masuda K, Hirabayashi M, Morita Y, Arata M, Ueno K, Eguchi T, Kawano Y. Immunoglobulin G value before treatment is correlated with the responsiveness to initial intravenous immunoglobulin therapy for Kawasaki Disease. AEPC (ヨーロッパ小児心臓病学会), London, UK, 2013.5.21-5.26.

4)    Harigai M, Inokuma S, Ishiguro N, Ryu J, Takeuchi T, Takei S, Tanaka Y, Yamanaka H, Sano Y, Yaguramaki H, Koike T. Characteristics associated with better effectiveness and safety in rheumatoid arthritis patients treated with intravenous tocilizumab: Results from full analysis of all-patient postmarketing surveillance in Japan. Annual European Congress of Rheumatology (EULAR 2013). Madrid Spain, 2013.6.12-15.

5)    Kubota T, Yamatou T, Nonaka Y, Akaike H, Nagakura T, Yamasaki Y, Takezaki T, Nerome Y, Imanaka H, Takei S. Changes in serum IL-18 level in systemic juvenile idiopathic arthritis patients who attained drug-free remission by tocilizumab. Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology 2013, San Diego, USA, 2013.10.25-30

6)    Yamatou T, Kubota T, Nonaka Y, Akaike H, Nagakura T, Yamasaki Y, Takezaki T, Nerome Y, Imanaka H, Ikeda K, Kambe N, Takei S. Quantitative image analysis of articular involvement in Blau syndrome by radiographic carpal length and ultrasound. Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology 2013, San Diego, USA, 2013.10.25-30.

7)    Osako Y, Nonaka Y, Akaike H, Kubota T, Yamatou T, Nagakura T, Yasumura J, Imanaka H, Takei S. Psychological health condition of JIA patients treated with biologic agents- A nation-wide survey in Japan. Annual Scientific Meeting of American College of Rheumatology 2013, San Diego, USA, 2013.10.25-30.

8)    Takei S. Current status of JIA management in Japan. 林口長庚紀念醫院Morning lecture. Taipei, Taiwan 2013.12.20

9)    Takei S. Efficacy and safety of tocilizumab in JIA treatement. Recent advances in the management of juvenile idiopathic arthritis in 2013. Allergic and Immunologic Board of Chinese Society of Immunology. Taipei, Republic of China 2013.12.21

特別講演・教育講演・シンポジウム等

1)      佐野のぞみ.重症心身障害児施設の立場から. NICU等への長期入院児の支援に関するシンポジウム(鹿児島県医師会・鹿児島県保健福祉部 主催)鹿児島市 2013.02.20 

2)      佐野のぞみ.重症心身障害児・者に対するA型ボツリヌス毒素治療について. 平成24年度良質な医師を育てる研修プログラム(国立病院機構重症心身障害医療班 主催)京都市 2013.02.14

3)      佐野のぞみ. 障害児の医療について. 鹿児島県理学療法士協会主催の研修会 2013.03.10

4)      武井修治.小児の皮膚筋炎―診断と治療.第37回日本小児皮膚科学会.シンポジウム「小児のリウマチ・膠原病」.東京2013.7.14

5)    武井修治.小児リウマチ性疾患ー診断のコツとpit-fall.第92回山陰小児科学会.米子市2013.9.1

6)    武井修治.難治性全身型JIA(sJIA)に対するトシリズマブ(TCZ)による治療-Drug-free寛解をめざした治療プロトコールの提案.第23回JCR近畿支部学術集会シンポジウムⅠ「リウマチ性疾患難治性病態の新しい診断と治療アプローチ」.大阪市2013.9.7

7)    武井修治.小児リウマチ性疾患の過去・現在・これから.第154回日本小児科学会鹿児島地方会 鹿児島 2013.10.20

8)    河野嘉文.日常の小児科診療における血液腫瘍性疾患.第68回佐賀小児科地方会 佐賀市 2013.12.08

全国学会

1)      西畠 信,折田有史,新谷光央,野村裕一,江口太助,上野健太郎,井本 浩,上塘正人,前田隆嗣.地域でのCHD診療状況の変化に伴う胎児診断後の方針選択と家族サポートの考察.第19回日本胎児心臓病学会学術集会 三重 2013.02.15-16

2)      Yanagimoto K, Okamoto Y, Kawano Y, Kikuchi T, Yasuda T, Kakihana Y. The study of patients with pediatric oncologic emergency in our hospital. 第40回日本集中治療医学会学術集会 長野 2013.02.28-03.02

3)      柳元孝介,川村順平,江口太助,岡本康裕,野村裕一,河野嘉文,菊池 忠,安田智嗣,垣花泰之.小児Oncologic Emergencyの検討.第40回日本集中治療医学会学術集会 長野県 2013-02.28-03.02

4)      野中由希子,久保田知洋,山﨑雄一,赤池治美,山遠 剛,嶽崎智子,大迫由紀,根路銘安仁,今中啓之,武井修治.生物学的製剤がもたらす若年性特発性関節炎(JIA)の患児・家族のQOL変化.第116回日本小児科学会学術集会 広島 2013.04.19-04.21

5)      冨板美奈子,小林一郎, 野中由希子, 原 良紀, 伊藤保彦, 岩田直美, 村田卓士, 梅林宏明, 井上祐三朗, 森田慶紀, 有馬孝恭, 森雅亮.小児期シェーグレン症候群患者の長期経過ワーキンググループ報告第3報.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会 第22回国際リウマチシンポジウム 京都 2013.04.18-04.20

6)      野中由希子, 久保田知洋, 山﨑雄一, 赤池治美, 山遠 剛, 嶽崎智子, 大迫由紀, 根路銘安仁, 今中啓之, 武井修治. 生物学的製剤がもたらす若年性特発性関節炎(JIA)の患児・家族のQOL変化. 第116回日本小児科学会学術集会 広島市 2013.04.19-04.21

7)      中崎奈穂, 上野健太郎, 江口太助, 野村裕一, 河野嘉文, 奥 章三. 学校心臓検診でスクリーニングされた、肺高血圧症を伴う右肺動脈欠損の1例. 第116回日本小児科学会学術集会 広島市 2013.04.19-04.21

8)      中江広治, 馬場悠生, 川村順平, 大竹山令奈, 丸山慎介, 八牧愉二, 上野健太郎, 江口太助, 野村裕一, 河野嘉文. 心内修復術後に著明な声門狭窄をきたしPHcrisisを呈したDown症の1例. 第116回日本小児科学会学術集会 広島市 2013.04.19-04.21

9)      溝田美智代, 荒武真司, 玉田 泉, 八牧愉二, 大坪紀代子, 大竹山令奈, 檜作和子, 森田 智. 低血糖時に片麻痺を繰り返したⅠ型糖尿病の6歳男児例. 第86回日本内分泌学会  仙台  2013.04.25-27

10)   丸山慎介,豊島光雄,酒井 勲,河野嘉文.発熱、嘔吐、異常行動、意識障害で発症しショック、多臓器不全に至った9歳男児例.第55回日本小児神経学会学術集会 大分 2013.05.30-06.01

11)   渡邉健二,四俣一幸,鮫島幸二.抗ガングリオシド抗体陽性であった急性小脳炎の一例 第55回日本小児神経学会 大分 2013.5.30-6.1

12)   豊島光雄.造血幹細胞移植に関連する神経合併症. 第55回日本小児神経学会学術集会 大分 2013.05.30-06.01

13)   米衛ちひろ,石川珠代,佐野のぞみ.複雑部分発作を認め、不全型結節硬化症と考えられた2歳女児例.第55回日本小児神経学会学術集会 大分市 2013.05.31

14)   宮園明典,岡田麻理,藤丸拓也,佐藤 舞,小椋雅夫,亀井宏一,松岡健太郎,伊藤秀一.当院で経験したDiffuse Mesangial Hypercellularityと診断されたネフローゼ症候群の5例.第48回日本小児腎臓病学会学術集会 徳島 2013.06.28-06.29

15)   永迫博信.尿中インターロイキン6(ulL-6)を用いたループス腎炎の評価.第48回日本小児腎臓病学会学術集会 徳島 2013.06.28-06.29

16)   渡邉健二,山遠 剛,常 彬,藺牟田直子,柳元孝介,鮫島幸二,西 順一郎.鹿児島県における小児侵襲性GBS感染症‐遅発型・超遅発型の4例‐.第22回Lancefieldレンサ球菌研究会&第45回レンサ球菌感染症研究会合同開催 東京 2013.06.28-06.29

17)   上野健太郎,中江広治,柳元孝介,江口太助,野村裕一,森田康子,荒田道子,益田君教.川崎病冠動脈後遺症発症に関与する内皮細胞増殖とアポトーシスの不均衡.第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 東京 2013.07.11-07.13 

18)   中江広治,川村順平,上野健太郎,柳元孝介,江口太助,野村裕一.骨髄移植時のシクロフォスファミドによる重症心筋障害に対して経皮的心肺補助装置を含む集中治療を行った再生不良性貧血の2例.第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 東京 2013.07.11-07.13

19)   江口太助,中江広治,上野健太郎,柳元孝介,野村裕一,松葉智之,重久喜哉,井本 浩,折田有史,西畠 信.胎児期からCircular shuntを呈したEbstein奇形の1例.第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 東京 2013.07.11-07.13

20)   田中裕治,二宮由美子,吉永正夫.外来フォロー中に出血、梗塞のイベントを起こしたTCPC術後患者の検討.第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 東京 2013.07.11-07.13

21)   二宮由美子,九町木綿,田中裕治,吉永正夫,岩本真理,牛ノ濱大也,住友直方,堀米仁志,長嶋正實.学校心臓検診で抽出されたQT延長症候群患児の遺伝学的特徴の検討.第49回日本小児循環器学会総会・学術集会 東京 2013.07.11-07.13

22)   福島直哉,三浦 大,小林 徹,布施茂登,佐地 勉,山岸敬幸,加藤太一,野村裕一,濱岡建城,深澤隆治,賀藤 均,須田憲治,脇 研自.内径のZスコアによる川崎病冠動脈瘤の重症度の評価‐当院での予備データと多施設共同研究計画‐.第33回日本川崎病学会・学術集会 富山 2013.09.27-09.28

23)   阿倍正徳,深澤隆治,佐地 勉,小林 徹,濱岡建城,原 寿郎,荒川浩一,加藤太一,三浦 大,小川俊一,野村裕一,布施茂登,市田蕗子,鮎沢 衛,関 満,森川昭博.重症川崎病での血中BNP上昇の意義(RAISE studyサブ解析). 第33回日本川崎病学会・学術集会 富山 2013.09.27-09.28

24)   高月晋一,小林 徹,荒川浩一,原 寿郎,濱岡建城,小川俊一,三浦 大,野村 裕一,市田蕗子,佐地 勉. 川崎病不応例に対する追加リスク因子の検討~RAISE study サブ解析~.第33回日本川崎病学会・学術集会 富山 2013.09.27-09.28

25)   江口太助,上野健太郎,吉重道子,益田君教,二宮由美子,徳永正朝,荒武真司,今村真理,野村裕一,河野嘉文.鹿児島県における川崎病治療の変化.第33回日本川崎病学会・学術集会 富山 2013.09.27-09.28

26)   江口 郁,久保田知洋,山遠 剛,上野健太郎,井之上寿美,和田昭宏,江口太助,野村裕一,河野嘉文,武井修治.川崎病の診断をみたした若年性特発性関節炎の1例.第33回日本川崎病学会・学術集会 富山 2013.09.27-09.28

27)   大迫由紀,武井修治,野中由希子,赤池治美,鉾之原 昌.生物学的製剤は若年性特発性関節炎(JIA)のQOLを改善したか?(3)-PedsQLを用いた検討 全国調査. 第60回日本小児保健学会.東京2013.9.28.

28)   Okamoto Y, Nishikawa T, Tanabe T, Yamaki Y, Kurauchi K, Shinkoda Y, Kodama Y,  Nakagawa S, Kawano Y. CBT from KIR mismatched donor in refractory pediatric ALL. 第75回日本血液学会学術集会 札幌 2013.10.11-10.13

29)   山遠 剛,久保田知洋,長倉智和,山崎雄一,野中由希子,赤池治美,根路銘安仁,嶽崎智子,今中啓之,鉾之原 昌,武井修治,河野嘉文.若年発症サルコイドーシス/Blau症候群(EOS/Blau)における関節病態の解析.第23回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 埼玉 2013.10.11-10.13

30)   山遠 剛,久保田知洋,長倉智和,山崎雄一,赤池治美,野中由希子,根路銘安仁,嶽崎智子,今中啓之,鉾之原 昌,武井修治,河野嘉文.若年性強直性脊椎炎への生物学的製剤投与における考察.第23回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 埼玉 2013.10.11-10.13

31)   赤池治美,山遠 剛,久保田知洋,山崎雄一,野中由希子,根路銘安仁,嶽崎智子,今中啓之,是松聖悟,武井修治.妊娠・出産をした若年性特発性関節炎(JIA)の2例.第23回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 埼玉 2013.10.11-10.13

32)   松浦未央,武井 藍,大山徹也,牧 美充,荒田 仁,松浦英治,高嶋 博,武井修治,榮樂信隆.ミコフェノール酸による加療が奏功したNPSLEの症例~社会的背景も交えて~.第23回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 埼玉 2013.10.11-10.13

33)   小木曽文乃,玉田 泉,溝田美智代,八牧愉二,大坪喜代子,大竹山令奈,森田 智,檜作和子,上野さやか,河野嘉文.クレチン症の加療中にTurner症候群と診断した3例.第47回日本小児内分泌学会学術集会 東京 2013.10.10-10.12

34)   天野直子,林 美恵,鳴海覚志,山田思郎,今井一秀,玉田 泉,佐々木敦子,室谷浩二,木津りか,望月 弘,谷口祐子,松浦宏樹,鈴木敦詞,小野敦史,高野洋子,石井智弘,本間桂子,長谷川奉延.臨床症状および生化学的評価で原因特定が困難な原発性副腎機能低下症における包括的遺伝子解析.第47回日本小児内分泌学会学術集会 東京 2013.10.10-10.12

35)   桧作和子,溝田美智代,玉田 泉,大坪喜代子,森田 智.新生児期にけいれん重積で発症した一過性偽性副甲状腺機能低下症.第47回日本小児内分泌学会学術集会 東京 2013.10.10-10.12

36)   大竹山令奈,八牧愉二,内田 創,宮井健太郎,井垣純子,深井善光,長谷川行洋.長期臥床により高Ca血症を呈した2症例の検討.第47回日本小児内分泌学会学術集会 東京 2013.10.10-10.12

37)   丸山慎介,豊島光雄,河野嘉文.ラモトリギン内服に関連した免疫グロブリン低下をきたした2例.第47回日本てんかん学会学術集会 北九州 2013.10.11-10.12

38)   藤川 敏,山口賢一,武井修治,根路銘安仁,嶽崎智子,三好真理,笠井和子,伊藤保彦,五十嵐徹,横田俊平,今川智之,稲毛康司,藤田之彦,金城紀子,梅林宏明,西小森隆太,冨板美奈子,宮前多佳子.そうに期発症ベーチェット病診断基準のためのワーキングループ報告.第23回日本小児リウマチ学会.さいたま市2013.10.13

39)   武井修治,伊藤保彦,横田俊平.小児リウマチ医療のこれから-専門医制度と小慢制度.第23回日本小児リウマチ学会.さいたま市2013.10.13

40)   金城紀子,岩田直美,冨板美奈子,岡藤郁夫,山口賢一,今川智之,森 雅亮,根路銘安仁,武井修治,横田俊平,藤川 敏.小児リウマチ研修会ワーキンググループのとりくみ.第23回日本小児リウマチ学会.さいたま市2013.10.13

41)   久保田知洋,山遠 剛,山崎雄一,野中由希子,嶽崎智子,赤池治美,根路銘安仁,今中啓之,武井修治.全身型JIA患者におけるdrug-free寛解とサイトカインの変動.第23回日本小児リウマチ学会.さいたま市2013.10.12

42)   久保田知洋,山遠 剛,山崎雄一,赤池治美,野中由希子,嶽崎智子,根路銘安仁,今中啓之,武井修治.Adalimumab投与中にHBウイルス初感染を来した多関節型JIAの18歳女性症例.第23回日本小児リウマチ学会.さいたま市2013.10.13

43)   中川権史,西小森隆太,井澤和司,河合朋樹,八角高裕,河合利尚,梅林宏明,武井修治,小林法元,小原 收,Eva Gonzalez-Roca, Luan I Arostegui, 平家俊男.第23回日本小児リウマチ学会.さいたま市2013.10.12

44)   永迫博信,稲葉泰洋,宮園明典,吉留幸一,久野 敏,河野嘉文.発症5年後に膜性腎症を合併してきたANCA関連腎炎の1例.第35回日本小児腎不全学会学術集会 福島 2013.10.24-10.25

45)   渡邉健二,山遠 剛,藺牟田直子,鮫島幸二,河野嘉文,西 順一郎.鹿児島県における小児侵襲性GBS感染症 -遅発型・超遅発型の4例-. 第45回日本小児感染症学会 札幌 2013.10.26-27

46)   久保田知洋,藺牟田直子,川村英樹,吉家清貴,又吉盛健,西 順一郎.鹿児島県の多施設におけるMRSA遺伝子型の比較―SCCmecⅣ型株の分布―.第83回日本感染症学会西日本地方会学術集会 大阪 2013.11.06-11.08

47)   久保田知洋,山遠 剛,西 順一郎,武井修治,河野嘉文.若年性特発性関節炎治療中に間質性肺炎を発症した10歳女児症例.第46回日本小児呼吸器学会 佐賀 2013.11.22-11.23

48)   Watanabe K, Nakagawa S, Yotsumata K, Sameshima K, Yonee C, Yamada K, Yamaguchi S.Two siblings with Very long chain acyl-CoA dehydrogenase (VLCAD) deficiency developed rhabdomyolysis after supplementation of L-carnitine 第55回日本先天代謝異常学会 東京 2013.11.27-29

49)   岡本康裕.大学病院での診療経験から子どもホスピスの可能性について考える.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

50)   岡本康裕,八牧愉二,西川拓朗,田邊貴幸,倉内宏一郎,河野嘉文.Mortality and Morbidity カンファレンスの実行性の検討.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

51)   中島健太郎,児玉祐一,西川拓朗,深野玲司,野村優子,大島孝一,岡村 純,稲垣二郎.VAC療法中に中枢神経原発EBV関連リンパ増殖症(EBV-LPD)を発症した横紋筋肉腫の一例.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

52)   西川拓朗,岡本康裕,八牧愉二,倉内宏一郎,田邊貴幸,中川俊輔,児玉祐一,新小田 雄一,河野嘉文.ブスルファンを前処置として使用した造血細胞移植の検討―血中濃度と移植成績・合併症の関係、経口製剤との比較― 第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

53)   倉内宏一郎,岡本康裕,西川拓朗,田邊貴幸,八牧愉二,新小田雄一,中川俊輔,河野 嘉文.移植後MRDが消失したT-ALLの1例.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

54)   望月慎史,小川千登世,佐野秀樹,木下明俊,篠田邦大,宮下恵実子,今村俊彦,吉原宏樹,井口晶裕,吉田咲子,西川拓朗,西 眞範,豊田秀実,熊本忠史,中村和洋,西 内律雄,菊田 敦,後藤裕明,足立壮一,水谷修紀.本邦におけるボルテゾミブ併用化学療法を行った小児再発難治性急性リンパ性白血病24例の後方視的検討.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01 

55)   児玉祐一,深野玲司,野口磨依子,岡村純,稲垣二郎.造血細胞移植後の血小板生着遅延症例の予後.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

56)   西村美穂,児玉祐一,深野玲司,岡村 純,右田昌宏,稲垣二郎.虫垂炎による腸腰筋膿瘍で知覚異常性大腿神経痛(meralgia paresthetia)をきたし診断に時間を要した急性リンパ性白血病の女児例.第55回日本小児血液・がん学会学術集会 福岡 2013.11.29-12.01

57)   鶴田佳菜,久保陽子,西川拓朗,倉内宏一郎,田邊貴幸,岡本康裕,松村みゆき,河野 嘉文.遊びやメッセージカードを通し、終末期患児・スタッフ・家族の心をつなげた保育士の関わり.第11回日本小児がん看護学会 福岡 2013.11.29-12.01

九州・西日本地方会

1)        丸山慎介,豊島光雄.胎児期から脳室拡大を指摘され、West症候群を発症した2歳男児例.第74回日本小児神経学会九州地方会学術集会 久留米 2013.01.13

2)        玉田 泉,溝田美智代,八牧愉二,小木曽文乃,大坪喜代子.「幼稚園検尿で発見され食事療法のみで10年間経過したMODY2の1例.第43回九州小児内分泌談話会 2013.02.02

3)        永迫博信.当下で管理している小児腎移植患者について.南九州腎移植エキスパートミーティング 熊本 2013.03.01

4)        大迫由紀、武井修治、野中由希子、赤池治美、鉾之原 昌.生物学的製剤で治療した若年性特発性関節炎(JIA)患児のQOL-全国調査の結果 PedsQLを用いて(2).第27回鹿児島県小児保健学会.鹿児島市2013.8.25

5)        渡邉健二,四俣一幸,髙橋宜宏,丸山慎介,豊島光雄.意識障害・異常行動を来した13歳女児例.第75回日本小児神経学会九州地方会学術集会 長崎 2013.08.04

6)        久保田知洋.鹿児島県の多施設で分離されたMRSAの遺伝子型の解析‐SCCmecⅣ型株の分布‐.第66回日本細菌学会九州支部総会 長崎 2013.09.06-09.07

7)        馬場悠生,丸山慎介,田中主美.左上下肢の痙性麻痺を呈し右基底核に病変を認めた9歳男児例.第76回日本小児神経学会九州地方会学術集会 大分 2014.01.12

第152回日本小児科学会鹿児島地方会(2013年02月03日)

1)        玉田 泉,堀之内兼一,鉾之原 昌,相星壮吾,内門 一,奥 章三,八牧愉二,小木曽文乃,溝田美智代,大坪喜代子,天野直子,長谷川奉延.DAX-1遺伝子異常を認めた先天性副腎低形成症の3歳男児例.

2)        永田博美,岡本康裕,中江広治,上野健太郎,豊島光雄,八牧愉二,西川拓朗,田邊貴幸,河野嘉文.KIRミスマッチの臍帯血移植を行った非寛解期ALLの1例.

3)        新小田雄一,中江広治,中川俊輔,倉内宏一郎,森田康子,荒田道子,渡邊健二,四俣一幸,島子敦史,益田君教,鮫島幸二,川上 清,三好逸男,末吉和宣.Congenital self-healing Langerhans cell histiocytosis (CSH-LCH)の1例.

4)        馬場悠生,加治 建,向井 基,林田良啓,山下達也,右田美里,松藤 凡.呼吸器症状を伴った気管支原性嚢胞の症例.

5)        関 祐子,小川結実,関 俊二,山﨑雄一,今村真理.溶連菌感染後全身に結節性紅斑をきたした13歳男子例.

6)        小川結実,関 祐子,関 俊二,山崎雄一,今村真理.胎児発育不全・低出生体重児として紹介された先天性トキソプラズマ感染症の1例.

7)        西 順一郎,河野嘉文.2012年鹿児島県小児細菌性髄膜炎・菌血症サーベイランス結果.

8)        森田康子,益田君教,荒田道子,島子敦史,中川俊輔,倉内宏一郎,渡邉健二,新小田雄一,四俣一幸,鮫島幸二.川崎病発症1か月後に心嚢液貯留を認めた1例.

9)        江口太助,上野健太郎,野村裕一,河野嘉文,松葉智之,重久喜哉,井本 浩,山下達也,右田美里,松藤 凡,西畠 信.胎児期にCircular shuntを呈し,早産となったEbstein奇形例の治療経験.

10)     吉川英樹,川村順平,古城圭馴美,田中主美,大坪俊昭.SCN1A遺伝子にミスセンス変異を認めた全般てんかん熱性けいれんプラス (GEFS+)の1例.

11)     上之薗美耶,渡邉健二,中川俊輔,森田康子,倉内宏一郎,荒田道子,新小田雄一,四俣一幸,島子敦史,益田君教,鮫島幸二.一酸化炭素(CO)中毒の3症例.

12)     石川珠代,佐野のぞみ,米衛ちひろ,吉留幸一,楠生 亮.当院で経験したWest症候群の20例の検討.

13)     江口 郁,山遠 剛,久保田知洋,丸山慎介,西川拓朗,井之上寿美,和田昭宏,野村裕一,武井修治,河野嘉文.川崎病の診断をみたした若年性特発性関節炎の1例 –インターロイキン18値測定の有用性-.

第153回日本小児科学会鹿児島地方会(2013年06月09日)

1)      川村順平,古城圭馴美,吉川英樹,田中主美.新生児期での利尿薬の使用により発症した尿管結石症の2例.

2)      中江広治,水流尚志,永田博美,橋口 祥,川村順平,上野健太郎,柳元孝介,児玉祐一,江口太助,新小田雄一,岡本康裕,野村裕一,河野嘉文.骨髄移植時のシクロフォスファミド(CPA)による重症心筋障害に対して経皮的心肺補助装置(PCPS)を含む集中治療を行った再生不良性貧血の2例.

3)      上野健太郎,森田康子,中江広治,柳元孝介,江口太助,益田君教,野村裕一,河野嘉文.川崎病冠動脈後遺症発症に関与する内皮細胞増殖とアポトーシスの不均衡.

4)      益田君教,森田康子,島子敦史,鮫島幸二,四俣一幸,新小田雄一,渡邉健二,中川俊輔,江口 郁,中﨑奈穂.鹿児島市立病院における2年間の川崎病入院統計.

5)      二宮由美子,田中裕治,吉永正夫.学校心臓検診で抽出されたQT延長症候群患児の遺伝学的特徴の検討.

6)      古城圭馴美,吉川英樹,川村順平,田中主美,堂満洋司.反復する腹痛を契機に診断に至った腎盂尿管移行部狭窄症の一例.

7)      松久保 眞,野口啓幸,中川俊輔,鮫島幸二.メッケル憩室が原因で腸閉塞を発症した乳児の1例.

8)      楠生 亮,森田康子,石川珠代,米衛ちひろ,吉留幸一,佐野のぞみ.ノロウイルス胃腸炎から多臓器不全をきたした1歳女児の1例.

9)      玉田 泉,堀之内 兼,鉾之原 昌,溝田美智代,八牧愉二,小木曽文乃,大坪喜代子.幼稚園検尿で発見され、食事運動療法のみで10年間経過観察したMODY2の1例.

10)   宮田晃一郎,深水 紘,寛山佳史,吉井 功,永井 拓,林 丈夫,松下兼介.インフルエンザ院内集団感染発生予防への取り組み.

11)   橋口 祥,相星壮吾,内門 一,奥 章三,松藤 凡,田原博幸.アルロイドGとホスミシンDSの併用で胃石を生じた長期臥床の1例.

12)   米衛ちひろ,佐野のぞみ,石川珠代,吉留幸一,楠生亮,玉田泉.Prader-Willi症候群の4例.

13)   外岡資朗,中村美保子.鹿児島県内の乳幼児健診における発達障害関係確認項目の地域格差について.

第154回日本小児科学会鹿児島地方会(2013年10月20日)

1)      馬場悠生,丸山慎介,宮園明典,山遠 剛,野村裕一,河野嘉文.過敏性肺臓炎の1女児例.

2)      中川俊輔,森田康子,倉内宏一郎,吉重道子,渡邊健二,新小田雄一,四俣一幸,島子敦史,益田君教,鮫島幸二.当院で経験したヒト・メタニューモウイルス感染症.

3)      森田康子,益田君教,島子敦史,中江広治,中川俊輔,渡邊健二,新小田雄一,四俣一幸,鮫島幸二.川崎病急性期に関節炎症状を合併し群馬スコア低値にもかかわらず冠動脈異常を認めた1例.

4)      吉川英樹,江口 郁,川村順平,古城圭馴美,田中主美.ゾニサミドによりDrug-induced Hypersensitivity Syndrome(DIHS)を呈した1例.

5)      立元千帆,森田康子,島子敦史,鮫島幸二.食物アレルギー児に対する入院での食物負荷試験の報告.

6)      川村順平,古城圭馴美,吉川英樹,田中主美.遷延する意識障害を認め、髄液IL-6が高値を示した急性脳症の1例.

7)      吉重道子,水流尚志,亀之園 明.心室中隔欠損術後の経過中に2歳で診断された汎下垂体機能低下症の1例.

8)      玉田 泉,小木曽文乃,溝田美智代,森田 智,大坪喜代子,河野嘉文.クレチン症の加療中にTurner症候群と診断した3例.

研究会,その他

1)        玉田 泉.入院症例におけるTBPM-PIの使用経験.小児呼吸器感染症治療Update 鹿児島 2013.01.26

2)        武井修治,久保田知洋,山遠 剛.自己炎症疾患と自己免疫疾患の連続性に関する臨床研究-早期発症および家族歴のある小児SLEの臨床病態特性―.自己炎症性疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立班、班会議、東京、2013.2.1

3)        上野健太郎,江口 郁,久保田知洋,丸山慎介,西川拓朗,野村裕一,武井修治,河野 嘉文,井之上寿美,和田昭宏,川崎病の診断をみたした若年性特発性関節炎の1例 ‐インターロイキン18値測定の有用性‐.第12回九州川崎病研究会 福岡 2013.05.25

4)        久保田知洋,山遠 剛,山崎雄一,赤池治美,野中由希子,嶽崎智子,根路銘安仁,今中啓之,武井修治.全身型JIA患者におけるdrug-free寛解とサイトカインの変動.第5回KOCS小児リウマチ研究会.福岡市2013.6.1

5)        八牧愉二.頭蓋咽頭腫術後に低ナトリウム血症に伴うけいれんを来した1例.第7回鹿児島内分泌腫瘍と疾患研究会 鹿児島 2013.06.21

6)        稲葉泰洋,永迫博信,宮園明典,河野嘉文.当科で管理している小児腎移植患者.第27回九州小児ネフロロジー研究会 熊本 2013.07.20-07.21

7)        玉田 泉,堀之内兼一,堀之内 泉,鉾之原 昌.二次性偽性低アルドステロン血症を発症した両側重複腎盂尿管・水腎症の1例.第18回鹿児島県小児内分泌研究会 鹿児島 2013.11.30

8)        桧作和子,新小田雄一,四俣一幸,島子敦史,益田君教,鮫島幸二.ビタミンD欠乏性くる病の3例.第18回鹿児島県小児内分泌研究会 鹿児島 2013.11.30

講演

1)      武井修治.TCZによる全身型JIAのdrug-free寛解とBio製剤によるJIAの画像寛解.第4回北部九州山口TCZ講演会.北九州市、2013.1.12

2)      武井修治.小児リウマチ性疾患の最新医療~診断・治療とその評価~.第15回高知小児感染・免疫・アレルギー研究会.高知市、2013.1.16

3)      武井修治.小児リウマチ診療に求められるもの.第2回小児リウマチ研修会.那覇市、2013.3.15

4)      武井修治.小児リウマチ診療 最新医療の現状と課題.あすなろ会関西支部会.高槻市、2013.3.30

5)      武井修治.子どもの病気と事故.平成25年度育児サポーター研修会.鹿児島市、2013.5.28

6)      武井修治.小児リウマチ医療の”今”と”これから”平成25年度あすなろ会サマーキャンプ.東京都 2013.8.5

7)      武井修治.小児SLEの診療指針.第2回東北小児膠原病研究会.盛岡市2013.11.2

8)      武井修治.子どもが手足が痛いといったら.第1回鹿児島Pit-fall研究会.鹿児島市2013.11.7

9)      武井修治.関節型JIA(若年性特発性関節炎)の診断と治療.第20回日本整形外科学会認定リウマチ医研修会.東京都2013.11.10

10)   武井修治.JIAの診かたと治療.平成25年度東海・北陸地区リウマチ教育研修会.富山市2013.12.8

11)   武井修治.関節痛(小児)に潜むJIAの診断.5A Trust Forum 2013.東京都2013.12.14

12)   Takei S. Efficacy and safety of tocilizumab in JIA treatement.

13)   河野嘉文.最近の小児医療事情変化と対応策.ふるさとの宝子どもの笑顔命輝け講演会南さつま市 2013.05.18 

14)   河野嘉文.最近の小児医療事情.地域保健医療懇談会 南さつま市 2013.05.22

15)   河野嘉文.造血細胞移植術の前処置について考える.第42回京都造血幹細胞移植研究会 京都市 2013.11.01

16)   河野嘉文.よくわかる造血細胞移植術—その役割とケアのポイントー.第55回日本小児血液・がん学会学術集会:ランチョンセミナー12 福岡市 2013.12.01

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中