鹿児島大学小児科へようこそ


NEWS


研究紹介 (2021/7/4)

Blau症候群(BS)は、ヌクレオチド結合オリゴマー化ドメイン2の変異を伴う自己炎症性疾患である。 抗TNF剤による治療が有効であることが報告されているが、その分子メカニズムは不明である。

Research

Blau syndrome (BS) is an autoinflammatory disease associated with mutations in nucleotide-binding oligomerization domain 2. Although treatments with anti-TNF agents have been reported to be effective, the underlying molecular mechanisms remain unclear.

For more information, please click here.


第7回難病・小児 慢性特定疾患の会 (2021/6/22更新)

において小児がんに関する講演をおこないます。

2021年9月4日(土曜)12:30~受付

ハートピア鹿児島1F多目的ホール



研究紹介 (2021/6/20)

自然免疫系の活動は、川崎病(KD)血管炎の発症に不可欠な役割を果たしている。自然免疫系を活性化し、宿主の炎症反応を促進する内因性損傷関連分子パターンタンパク質であるhigh mobility group box-1 (HMGB-1)の細胞外放出が、KDの冠動脈異常の発症に寄与している可能性がある。

Research

Innate immune activity plays an essential role in the development of Kawasaki disease (KD) vasculitis. Extracellular release of high mobility group box-1 (HMGB-1), an endogenous damage-associated molecular pattern protein that can activate the innate immune system and drive host inflammatory responses, may contribute to the development of coronary artery abnormalities in KD.

For more information, please click here.


研究紹介 (2021/6/20)

本研究では,小児患者における不動時の高カルシウム尿の発生と骨代謝物マーカーの変化を前向きに検討とした。2週間以上のベッド上で安静にする必要のあった整形外科疾患の子ども13名が登録されました。

Research

The present study aimed to examine prospectively the occurrence of hypercalciuria and changes in bone metabolite markers in pediatric patients during immobilization. In total, 13 children with an orthopedic disease requiring immobilization longer than two weeks were enrolled.

For more information, please click here.


症例報告 (2021/6/20)

特別な病歴のない 23 歳の女性が,妊娠中に Wolff-Parkinson-White(WPW)症候群と診断された.その胎児はファロー四徴症(TOF)と診断された。

Case Report

A 23-year-old woman with no significant medical history was diagnosed with Wolff–Parkinson–White (WPW) syndrome during pregnancy. Her fetus was diagnosed with tetralogy of Fallot (TOF). 

For more information, please click here.


研修医のみなさんへ(2021/6/15)


第177回 日本小児科学会鹿児島地方会

令和3年10月17日 (日)

鹿児島大学医学部鶴陵会館(予定)


研究補助金を更新(2021/5/17)


フォンタン手術後の就園・就学の説明会が開催されました(2021/5/15)

2021年5月14日 (金) 15時~17時

開催方法:Web (Zoom)


スタッフ(2021/4/19)



症例報告

心室中隔欠損を伴う肺動脈閉鎖症と診断され,チアノーゼ改善のために右心室-肺動脈(RV-PA)コンジットの交換を受けた乳児期の女児において、他の画像診断法では検出が困難な人工血管関連感染症の部位の特定に18F-FDG PET-CTが有用であった。(2021/3/27)

Case Report

In an infant girl diagnosed with pulmonary atresia with ventricular septal defect and who underwent replacement of the right ventricle-pulmonary artery (RV-PA) conduit to improve cyanosis, 18F-FDG PET-CT was useful in identifying the site of prosthesis-related infection, which was difficult to detect with other imaging methods.

For more information, please click here.


英文業績を更新(2021/3/26)


研究グループ

鹿児島大学小児科には、血液・腫瘍、循環器、膠原病、神経、腎臓、内分泌、アレルギー、新生児の研究グループがあり、診療とともに研究に励んでいます。(2021/3/4)

内分泌グループを更新しました


症例報告

ALK陽性ALCLと診断された11歳の男児において、化学療法および同種骨髄移植を行いましたが、食道病変の退縮に伴い、食道閉鎖をきたしました。同種骨髄移植後2年以上経過した時点で、胸腔鏡と腹腔鏡下での低侵襲な下総食道切除術と後胸部ルートによる胃導管再建術を施行しました。数ヶ月間の嚥下訓練の後、経口摂取は可能となりました。

Case Report

Successful treatment of post chemotherapy esophageal cicatricial atresia in a pediatric patient with anaplastic large cell lymphoma through minimally invasive esophagectomy: a case report.

For more information, please click here.


研究紹介

日本における若年性特発性炎症性ミオパチー(JIIM)の臨床的特徴、治療法、予後について、筋炎特異的自己抗体(MSA)プロファイル別に検討しました。抗MDA5抗体は日本で最も多いMSA型であり、この抗体を持つ患者さんは発症時に間質性肺炎を合併しやすい、シクロホスファミド静注を含む多剤併用を受けていた、無投薬での寛解を得られる、再発頻度が低いなどの特徴がありました。

Reserach

Clinical impact of myositis-specific autoantibodies on long-term prognosis of juvenile idiopathic inflammatory myopathies: multicenter study

For more information, please click here.


国際小児がんデー

2月15日は国際小児がんデーです。国際小児がんデーは、2002年に世界90か国の167の親の会の国際ネットワークであるChildhood Cancer Internationalによって提唱され、日本各地でも様々な取り組みが行われています。鹿児島では、講演会と相談会を2月13日(土)にハートピア鹿児島で開催しました。


NCPRを開催しました

第5回鹿児島大学病院教育研修日本周産期・新生児医学会公認「新生児蘇生法講習会」を2021年2月6日開催に鹿児島大学病院で開催し、17名が受講しました。これからも6か月毎に開催予定です。


症例報告

治療抵抗性の急性リンパ性白血病の女児に対して、イノツズマブオゾガマイシンによる寛解導入を行い、引き続きpost シクロホスファミドを用いたHLA半合致造血幹細胞移植を実施し、現在も元気にしています。

詳しくはこちら

Case Report

A girl with treatment-refractory acute lymphoblastic leukemia was treated with inotuzumab ozogamicin for remission induction, followed by HLA-haploidentical HSCT using post-cyclophosphamide, and is still doing well.

For more information, please click here.


症例報告

超音波検査における移動性の甲状腺炎は、小児における亜急性甲状腺炎を診断する重要な手掛かりかも知れません。

詳しくはこちら

Case report

Subacute thyroiditis presenting with creeping in a 6-year-old boy was reported.

For more information, please click here.


連絡先

〒890-8520

鹿児島市桜ケ丘8丁目35番1号

電話 099-275-5354

FAX 099-265-7196

Contact Information

8-35-1 Sakuragaoka Kagoshima City, Kagoshima JAPAN

ZIP 890-8520

Phone +81-99-275-5354

FAX +81-99-265-7196