2011年 和文

原著

1)      児玉祐一, 岡本康裕, 荒田道子, 徳田浩一, 西順一郎, 新小田雄一, 西川拓朗, 田邊貴幸, 河野嘉文. 中心静脈カテーテル関連化膿性血栓性静脈炎、化膿性肺塞栓症を合併した骨髄異形成症候群の女児例. 日本小児血液学会雑誌 25(1):31-35, 2011

2)      野村裕一,山崎雄一,児玉祐一,新小田雄一,江口太助,田邊貴幸,徳田浩一,豊島光雄,岡本康裕,河野嘉文.小児科臨床実習における学生の担当患児数と学生による実習評価との関連 日本小児科学会雑誌 115(1):138-142, 2011

3)      千手絢子,下野昌幸,塩田直樹,石井雅宏,高野健一,高野志保,武井修治,根路銘安仁.Cyclophosphamideパルス療法が有効であった幼児期早期発症の難治性若年性皮膚筋炎の1例.脳と発達 43(4):309-312, 2011

4)      永迫博信,堀之内兼一,久野 敏,武井修治,河野嘉文.学校検尿システムの問題点が明らかになったループス腎炎の1例. 小児科臨床 64(8):1849-1852, 2011

5)      益田君教,野村裕一,摺木伸隆,上野健太郎,江口太助,鮫島幸二,河野嘉文.喘息性気管支炎の治療で用いたステロイドが川崎病主要症状をマスクした川崎病不全型の1例.小児科臨床: 64:1883-1886, 2011

6)      山元公恵, 西順一郎, 江口太助, 楠生亮, 益田君教, 鮫島幸二, 河野嘉文. ロタウイルス感染を契機とした多臓器不全による2死亡例. 小児科臨床 64(2):266-270, 2011

総説

1)      川村英樹,西 順一郎,小宮節郎.整形外科領域における手術部位検出菌は? 臨床感染症ブックレット3 検査や画像から感染症の原因微生物に迫る p132 文光堂 2011年3月

2)      徳田浩一.特集-アウトブレイク,そのときどうする?—経口感染する病原微生物— 月刊薬事53:73-77, 2011

3)      徳田浩一,賀来満夫.特集-感染症サーベイランス —その役割と展望— それぞれの機関が果たす役割「大学」 臨床と微生物38:321-4, 2011

4)      豊島光雄.意識・意識障害の定義.小児内科 43(3):451-453, 2011

5)      武井修治.子どものリウマチ(若年性特発性関節炎).チャイルドヘルス14 (2):29-33,2011.2

6)      武井修治.自己炎症疾患におけるIL-1阻害療法.最新医学66(2):221-228, 2011

7)      武井修治.若年性特発性関節炎JIA:その診断と最新治療.日本医事新報 4542:78-85, 2011

8)      武井修治.JIAの診断と治療-RAとの相違.リウマチ科 45(5):545-553, 2011

9)      武井修治.若年性特発性関節炎JIAに対してMTXをどう使うか?リウマチ科 45(6):567-571, 2011

10)   武井修治.若年性特発性関節炎JIAに対するステロイド治療の実態と副作用への対応.関節外科30(7):831-837, 2011

11)   武井修治.難治性若年性特発性関節炎(JIA)に対する新規治療.医学のあゆみ 238(6):693-698, 2011

12)   武井修治.リウマチ性疾患(膠原病)にみられる軟部組織の腫瘤性病変.災害と整形,54(10):1261-1266, 2011

13)   武井修治.ライフスパンからみた小児科診療-若年性特発性関節炎.小児内科43(9):1532-1535, 2011

14)   武井修治.小児皮膚筋炎の最新知見.医学のあゆみ 239(1):30-37, 2011

15)   西 順一郎.ヒブ・肺炎球菌感染症とワクチンによる予防 保育と保健 17(2):23-25, 2011

16)   西 順一郎.よくみる子どもの感染症Q&A 溶連菌 小児科学レクチャー 1(2):397-403, 2011

17)   西 順一郎.針刺し事故を防ぐための注意点を教えてください.小児内科 43(増):181-183, 2011

18)   西 順一郎.母体と児の感染免疫―最新の知見 B群レンサ球菌 (group B Streptococcus、Streptococcus agalactiae)感染症.臨床と微生物 38(6):705-709, 2011

19)   野村裕一.なぜ小児ではⅢ音が聞かれても正常なのですか.小児内科 43(増):136-137,2011

20)   今中啓之.小児リウマチ性疾患のキャリーオーバーと成人期予後について.リウマチ科  46(6):636-641, 2011

著書

1)      徳田浩一.マクロライド少量長期療法の中止の時期はいつ? 小児の感染症診療の落とし穴編集 尾内一信 p91-93南江堂 2011

2)      徳田浩一.包皮炎の治療は皮膚癒着剥離と抗菌薬療法、どちらがいいの? 小児の感染症診療の落とし穴 編集 尾内一信 p165-167  南江堂 2011

3)      武井修治.小児期のリウマチ性疾患に対するシクロスポリンの有用性とevidence.EBM小児疾患の治療2011-2012 pp415-42, 監修:五十嵐隆, 中外医学社, 東京, 2011

4)      西 順一郎 レンサ球菌感染症 小児科臨床ピクシス25 小児感染症-最新カレンダー&マップ 総編集:五十嵐 隆,専門編集:細谷光亮 p158-163 中山書店 2011

5)      西 順一郎 発熱からみた疾患と初期対応 菌血症,髄膜炎 小児科臨床ピクシス29 発熱の診かたと対応 総編集:五十嵐 隆,専門編集:尾内一信 p125-131 中山書店 2011

6)      西 順一郎 A群レンサ球菌の迅速診断キットは信用できる? 小児の感染症診療の落とし穴 編集 尾内一信 p42-45, 南江堂 2011

7)      西 順一郎 A群レンサ球菌感染症の後に尿検査は必要? 小児の感染症診療の落とし穴 編集 尾内一信 p46-49, 南江堂 2011

報告書・その他

1)      加藤忠明,松井陽,黒田達夫,内山聖,荒川浩一,賀藤均,横谷進,神埼晋,武井修治,杉原茂孝,伊藤道徳,小池健一,有賀正,高橋孝雄,須磨崎亮,山野邊裕二,仁尾正記,中村好一,坂本なほ子,原田正平,斉藤進,西連地利己,西牧謙吾,顧艶紅,竹原健二.平成20年度小児慢性特定疾患治療研究事業の全国登録状況.小児慢性特定疾患の登録・管理・解析・情報提供に関する研究.平成22年度総括・分担研究報告書: 13-40,2011

2)      武井修治,野中由希子,赤池治美.生物学的製剤がもたらす若年性特発性関節炎(JIA)患児の生活機能の変化ーPedsQLによる身体機能,精神機能の評価.小児慢性特定疾患の登録・管理・解析・情報提供に関する研究.平成22年度総括・分担研究報告書: 129-136, 2011

3)      武井修治.小児全身性エリテマトーデス(SLE)の難治性病態と治療に関する研究.小児期のリウマチ・膠原病の難治性病態の診断と治療に関する研究,平成22年度総括研究報告書: 74-78, 2011

4)      武井修治,山崎雄一,西小森隆太,岡藤郁夫.単一施設で長期経過観察した若年発症サルコイドーシスの臨床経過からみた診断基準作成のための提案.NOD2変異を基盤とするブラウ症候群/若年発症サルコイドーシスに対する診療基盤の開発に関する研究.平成22年度総括・分担研究報告書: 18-23, 2011

5)      武井修治,山崎雄一.自己炎症性疾患の鑑別に有用なバイオマーカーの検討.TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)の病態の解明と診断基準作成に関する研究.平成22年度総括・分担研究報告書: 18-22, 2011

6)      武井修治 監修.抗TNFα抗体製剤「ヒュミラ」をつかった若年性特発性関節炎の治療について.リノメディカル社.2011.

7)      武井修治.Journal Club. 分子リウマチ治療 4(1):44, 2011

8)      武井修治.SLEと診断された生徒が復学してきました.健 40(6):10-12, 2011.

9)      西 順一郎.鹿児島県における小児細菌性髄膜炎全数調査と髄膜炎関連ワクチンの安全性調査.厚生労働科学研究費補助金 新しく開発されたHib、肺炎球菌、ロタウイルス、HPV等の各ワクチンの有効性、安全性並びにその投与方法に関する基礎的・臨床的研究 平成22年度総括・分担研究報告書 p46-49  2011年3月

10)   武井修治.若年性特発性関節炎(JIA)の診断と治療.マルホ整形外科セミナー2011  204:40-43. 

2012年 和文

原著

1)        田中裕治,二宮由美子,吉永正夫,總崎直樹.Fontan手術後にタンパク漏出性胃腸症を発症,人口弁置換術後に再発した1例.Modern Physician 32(増):40-42,2012

2)        上野健太郎,中村英明,潟山亮平,柳 貞光,上田秀明,康井制洋.免疫学的,病理学的アプローチを行ったフォンタン術後蛋白漏出性胃腸症の1例.日本小児循環器学会雑誌 ;28(4):224-229,2012

3)        宮園明典,伊藤秀一.腎尿路系疾患と生殖器疾患 水腎・水尿管症.日本医師会雑誌 小児・思春期診療 最新マニュアル 141(特別号) :204,2012

4)        柳元孝介,野村裕一,益田君教,荒田道子,櫨木大祐,上野健太郎,江口太助,島子敦史.体重25kg以上の川崎病患児の検討.日本小児循環器学会雑誌.28(3):174-178,2012

5)        野村裕一.大学病院小児科の院外臨床実習はここまで進んだ – 全国実態調査より-  外来小児科 15(3):403-404,2012

6)        佐野のぞみ.第2部脊髄性筋萎縮症(SMA)Ⅱ 型の長期療養のケア.難病と在宅ケア P12-15,2012

総説

1)      西 順一郎. 小児感染症における検査・検体採取の留意点 薬局 63(3):369-374, 2012

2)      武井修治.小児リウマチ性疾患(膠原病)の運動管理・生活管理. 小児科53(1):57-65,2012.01.01

3)      武井修治.若年性皮膚筋炎.Clinical Neuroscience 30(3): 285-287, 2012.03.01

4)      武井修治.小児・思春期診療最新マニュアル関節痛,四肢痛.日本医師会雑誌141(S1):68-70,2012.06.15

5)      武井修治.若年性皮膚筋炎と間質性肺炎,日本小児皮膚科学会雑誌31(2):142-143,2012.06.20

著書

1)      西 順一郎.扁桃炎(急性扁桃炎,急性咽頭炎) 今日の治療指針 第15版 p367-369 医学書院 東京 2012.02

2)      今中啓之.全身性エリテマトーデス.今日の小児治療指針 第15版.総編集 大関武彦,古川 漸 横田俊一郎,水口 雅 p272 医学書院,2012.02

3)      武井修治.小児膠原病.小児慢性疾患支援マニュアル,改定2版, 編:加藤忠明,西牧謙吾,原田正平.p108-112,東京書籍, 東京,2012.030.8

4)      武井修治.難治性若年性特発性関節炎JIAに対する新規治療.抗体医療up-date.開発コンセプトからの最新医療.P84-89, 医歯薬出版,東京,2012.07.15

5)      武井修治.若年性特発性関節炎.新機能抗体開発ハンドブック,p261-269,エヌ・ティー・エス,東京,2012.08.28

6)      武井修治.全身性エリテマトーデス.小児科診療ガイド.総編集 遠藤文夫.P402-404, 中山書店,東京, 2012.09.6

7)      武井修治.小児皮膚筋炎の最新知見.別冊・医学のあゆみ,編集:上阪等,p30-37, 医歯薬出版,東京,2012.09.20

8)      武井修治.ベーチェット病.自己炎症性疾患・自然免疫不全とその筋炎疾患.編集:近藤直実,平家俊男.P181-184, 診断と治療社, 東京,2012.11.22

9)      佐野のぞみ.3章小児疾患 7:脊髄性筋萎縮症.疾患別に診る燕下障害.P138-142医歯薬出版株式会社 2012 

報告書

1)  加藤忠明,松井陽,黒田達夫,内山聖,荒川浩一,賀藤均,横谷進,神埼晋,武井修治,杉原茂孝,伊藤道徳,小池健一,有賀正,高橋孝雄,須磨崎亮,山野邊裕二,仁尾正記,中村好一,坂本なほ子,原田正平,掛江直子,斉藤進,顧艶紅,竹原健二.平成23年度小児慢性特定疾患の登録・管理・解析・情報提供に関する研究.平成23年度総括・分担研究報告書.13-58, 2012.03

2)  武井修治,大迫由紀,山下早苗,野中由希子,赤池治美.生物学的製剤がもたらす若年性特発性関節炎(JIA)患児の生活機能の変化ーPedsQLによる身体機能,精神機能の評価.小児慢性特定疾患の登録・管理・解析・情報提供に関する研究.平成23年度総括・分担研究報告書.127-136, 2012.03

3)  武井修治,久保田知洋,山崎雄一,山遠 剛.ブラウ症候群/若年発症サルコイドーシスの関節炎病態-手根骨長Carpal lengthによる関節破壊の評価.NOD2変異を基盤とするブラウ症候群/若年発症サルコイドーシスに対する診療基盤の開発に関する研究.平成23年度総括・分担研究報告書.24-28, 2012.05

4)  武井修治,山崎雄一.自己炎症性疾患の診断・鑑別のためのスクリーニング検査に関する研究.TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)の病態の解明と診断基準作成に関する研究.平成23年度総括・分担研究報告書.14-18,2012.05

2013年 和文

原著

1)      野村裕一, 横井茂夫. 大学病院小児科臨床実習における院外実習の現状. 日本小児科学会雑誌 2013; 117(3): 633-637

2)      今村直人,立元千帆,足立雄一,村上巧啓,淵澤竜也,吉原重美,中林玄一,赤澤 晃,尾上洋一,勝沼俊雄.軽症/中等症持続型乳幼児喘息に対する低用量ブデソニド吸入用懸濁液の長期管理効果.日本小児科学会雑誌 2013; 117(4): 732-739

3)      野村裕一,益田君教,江口太助,西 順一郎,田中裕治,西畠信,吉永正夫,河野嘉文.鹿児島市学校心臓検診における川崎病問診票の有用性.小児科臨床 2013; 66 (1): 71-77

4)      児玉祐一,西村美穂,中島健太郎,伊藤暢宏,深野玲司,岡村 純,稲垣二郎.臍帯血移植後のChryseobacterium indologenesによる中心静脈カテーテル感染症.臨床血液 2013; 54(3): 305-310

5)      原口 務,今中啓之,竹内美穂.小児循環器を専門としていた開業小児科医の新生児健診,11年間を振り返って.小児保健研究 2013; 72(4): 571-575

6)      丸山慎介,豊島光雄,河野嘉文.ラモトリギン内服に関連した免疫グロブリン低下をきたした2例.てんかん研究 2013; 31(2): 464

7)      澤 大介,西川拓朗,中島健太郎,守田弘美,伊藤暢宏,深野玲司,岡村 純,稲垣二郎.臍帯血移植後に肺水腫を繰り返した乳児急性リンパ性白血病.臨床血液 2013; 54(3): 273-278

8)      若松美貴代,武井修治.乳幼児の長時間視聴に関連した要因の探求-育児環境と母親の意識に焦点を当てて.小児保健研究  2013; 72(2): 261-266

9)      清水正樹,中岸 保,笠井和子,山崎雄一,三好麻里,武井修治,谷内江昭宏.Tocilizumab治療中の全身型若年性特発性関節炎に合併したマクロファージ活性化症候群におけるサイトカインプロファイルの有用性.小児リウマチ 2013; 3(2): 58-62

10)   野村裕一,横井茂夫,河野嘉文.小児科診療参加型臨床実習の現状.日児誌 2013;117(11): 1811-1815

11)   前田 潤,古谷喜幸,稲井 慶,小穴慎二,梶野浩樹,上砂光裕,松裏裕行,松岡瑠美子,森 克彦,須田憲治,飯島正紀,池原 聡,大木寛生,金丸 浩,田内宣生,中島弘道,西原栄起,濱岡建城,早渕康信,堀米仁志,桃井伸緒,安田謙二,横澤正人,新垣義夫,市田蕗子,小野安生,小山耕太郎,黒江兼司,小林俊樹,城尾邦隆,白石 公,中川雅生,野村裕一,総崎直樹,村上智明,安河内聰,安田東始哲,中西敏雄,山岸敬幸.チアノーゼ性先天性心疾患における脳膿瘍の疫学.日児循誌 2013; 29(5): 236-242

12)   石川珠代,佐野のぞみ,米衛ちひろ,楠生亮,吉留幸一. West症候群の臨床的検討. 小児保健かごしま 2013; 26: 42-44

13)   柳元孝介,西 順一郎,田中主美,山元公恵,丸山慎介,石黒 洋,河野嘉文.嚢胞性線維症の2幼児例.日本小児呼吸器学会雑誌 2013; 24(2): 132-137

総説

1)    武井修治.若年性特発性関節炎におけるDMARDsの使い方.クリニシアン 2013; 60(2): 204-211

2)    武井修治.若年性特発性関節炎.小児科 2013; 54(5): 571-575

3)    武井修治.若年性皮膚筋炎の特徴とその診断と治療.リウマチ科 2013; 49(4): 410-419

4)    武井修治.小児SLEの診断と治療.小児科臨床 2013; 66(5): 859-864

5)    武井修治.リウマチ熱.今日の臨床サポート(オンライン).エルセヴィアジャパン,東京,2013

6)      武井修治.若年発症サルコイドーシス/Blau症候群.アレルギー・免疫 2013; 30(10): 1438-1446

7)      野村裕一.ポスターの準備.児診療 2013; 76(4): 627-631

著書

1)      武井修治.若年性特発性関節炎における生物学的製剤の使い方.関節リウマチ治療実践バイブル.竹内勤編.p188, 南江堂, 東京, 2013

報告書

1)    武井修治,久保田知洋,山遠 剛.自己炎症疾患と自己免疫疾患の連続性に関する研究-早期発症および家族歴のある小児SLEの臨床病態特性.自己炎症性疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立、平成24年度総括・分担研究報告書   p140-145, 2013

2)    武井修治,山遠 剛,久保田知洋,山崎雄一.ブラウ症候群/若年発症サルコイドーシスに対する治療評価ー生物学的背製剤による治療.NOD2変異に関連した全身性炎症性肉芽腫性疾患(ブラウ症候群/若年発症サルコイドーシス)の診療基盤推進に関する研究.平成24年度総括・分担研究報告書 p22-29, 2013

3)      武井修治,久保田知洋,山遠 剛.自己炎症性疾患の診断・鑑別のためのスクリーニング検査に関する研究.TNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)の病態の解明と診断基準作成に関する研究.平成24年度総括・分担研究報告書 p15-21, 2013

2014年 和文

原著

1)       川村順平,野村裕一,益田君教,森田康子,吉重道子,柳元孝介,上野健太郎,江口太助,河野嘉文.免疫グロブリン大量療法への反応が予測される川崎病患児における不応例の検討.日本小児循環器学会雑誌 2014; 30(3): 298-302

2)       根路銘安仁,古城圭馴美,二宮由美子,吉重道子,石川珠代,小木曽綾乃,武井修治,河野嘉文.HTLV-I陽性妊婦が選択した栄養法は実施できるのか.小児保健研究 2014; 73(3): 492- 497

3)       中島健太郎,深野玲司,矢口貴志,松澤哲宏,伊藤暢宏,西村美穂,児玉祐一,岡村 純,稲垣二郎.急性白血病の治療中に起炎菌不明の真菌感染症を発症し、血清PCRでPseudallescheria boydiiとGeotrichum candidumが検出され、voriconazoleで治療し得た1例.日本小児血液・がん学会雑誌 2014; 51(1): 24-29

4)       中江広治, 中川俊輔, 森田康子, 渡邉健二, 新小田雄一, 四俣一幸, 島子敦史, 益田君教, 鮫島幸二. 肺炎を契機に発見された巨大脊髄硬膜外くも膜嚢胞の1例. 小児内科 2014; 46(11): 1709-1713

5)       根路銘安仁,大脇哲洋,嶽崎俊郎.医師修学資金貸与生が専門医を取得するのは現状では困難である.日本医師会雑誌 2014; 143(6): 1223-1231

6)       渡邉健二, 米衛ちひろ, 鮫島幸二, 山田健治, 山口清次. L-カルニチン投与後に横紋筋融解症を発症した極長鎖アシルCoA脱水素酵素(VLCAD)欠損症の兄弟例.特殊ミルク情報 2014; 50: 28-32

7)       江口 郁,野村裕一,久保田知洋,山遠 剛,井之上寿美,丸山慎介,西川拓朗,和田昭宏,河野嘉文,武井修治.川崎病の診断基準を満たした若年性特発性関節炎の1例 インターロイキン18値測定の有用性.小児科臨床 2014; 67(7): 1173-1176

8)       西川拓朗, 岡本康裕, 丸山慎介, 田邊貴幸, 倉内宏一郎, 児玉祐一, 中川俊輔, 新小田雄一, 河野嘉文.Methotrexate髄注後に急性脳脊髄炎を発症して重篤な神経障害を残した急性リンパ性白血病.臨床血液 2014; 55(11): 2306-2310

総説

1)       豊島光雄.横紋筋融解症、悪性高熱症.小児科診療 2014; 77(増): 841-843

2)       岡本康裕.急性リンパ性白血病.小児科診療 2014; 77(増): 464-468

3)       武井修治.小児全身性エリテマトーデス.腎と透析 2014; 76(1): 60-64

4)       武井修治.小児皮膚筋炎―診断と治療.日本小児皮膚科学会雑誌 2014; 33(1): 35-43

5)       武井修治.現在のSLE診療.リウマチ科 2014; 51(3): 640-643

6)       武井修治.全身性エリテマトーデス.小児科診療 2014; 77(増): 294-296

7)       武井修治.最新リウマチ学.若年性特発性関節炎.日本臨床 2014; 72(増3): 399-403

8)       武井修治.小児皮膚筋炎の診断と治療.小児科 2014; 55(4): 449-457

9)       武井修治.自然免疫と適応免疫のクロストークーSLEにおける自然免疫の機能不全.臨床とウイルス 2014; 42(3): 89-96

10)   武井修治.生物学的製剤の適応があるリウマチ類縁疾患-若年性特発性関節炎.Rheumatology Clinical Research 2014; 3(2): 83-88

11)   武井修治.免疫抑制薬の臨床応用―若年性特発性関節炎(JIA).炎症と免疫 2014; 22(5):398-402

12)   武井修治.若年性特発性関節炎―診療の進歩.リウマチ科 2014; 52(3): 332-339

13)   武井修治.小児リウマチ性疾患に対する生物学的製剤.日本小児皮膚科学会雑誌 2014; 33(3): 213-220

著書

1)     徳田浩一,賀来満夫. 【小児感染症の予防2014】 自然災害(震災等)時の感染の予防・災害時における感染症の予防. 小児科臨床 2014; 67: 735-740  

2)     野村裕一. 診断書. 小児科 研修ノート第2版 p164-166,診断と治療社,東京,2014

3)     武井修治. 小児リウマチ性疾患. 標準小児科学(8版) 医学書院,東京,2014

4)     武井修治. 小児膠原病. 小児慢性疾患支援マニュアル(改訂) p108-112,東京書籍,東京,2014

報告書

1)     徳田浩一.高齢者施設におけるノロウイルスによる食中毒の臨床的特徴.厚生労働科研費補助金(食品の安全確保推進研究事業).平成25年度研究報告書

2)     武井修治,久保田知洋,山遠 剛,山崎雄一,野中由希子.自己炎症疾患と自己免疫疾患の連続性に関する研究-小児SLE患児血中のsoluble TLRsと疾患活動性との関連.自己炎症疾患とその類縁疾患に対する新規診療基盤の確立.平成25年度総括・分担研究報告 2014: 175-180

2015年 和文

原著

1)       中﨑奈穗,上野健太郎,江口太助,野村裕一,河野嘉文,奥 章三.学校心臓検診でスクリーニングされた肺高血圧症を伴う先天性右肺動脈欠損の1例.小児科臨床 2015; 68(3): 451-456

2)       馬場悠生,丸山慎介,中村達郎,棈松貴成,小川結実,宮園明典,橋口昭大,樋口逸郎,河野嘉文.走るのが遅いことをやる気の問題と教育現場で誤解を受けたネマリンミオパチーの1例.小児科臨床 2015; 68(7): 1379-1383

3)       吉野 弘,岡田隆文,佐藤友紀,竹内典子,藤野元子,森谷邦彦,山遠 剛.コンジュゲートワクチンで小児の中耳炎はどう変わるか? 小児科臨床 2015; 68(3): 485-487

4)       赤池治美,今中啓之,根路銘安仁,久保田知洋,山遠 剛,山﨑雄一,野中由希子,嶽崎智子,是松聖悟,河野嘉文,武井修治.妊娠・出産をした若年性特発性関節炎の2例.小児リウマチ 2015; 6(1):43-48

5)       田中裕治.抗凝固、抗血小板療法中に梗塞、出血のイベントを起こしたフォンタン術後患者の検討.日本小児循環器学会雑誌 2015; 31(5): 229-237

6)       児玉祐一,岡本康裕,棈松貴成,中川俊輔,倉内宏一郎,西川拓朗,田邊貴幸,新小田雄一,河野嘉文.難治性固形腫瘍に対するイリノテカン・テモゾロミド併用療法.日本小児血液・がん学会雑誌 2015; 52(5): 405-408

7)       竹之下友寿,政元いずみ,谷口眞由美,田畑仁美,高味聡子,橋口照人,西川拓朗,河野嘉文.MLL関連ALLにおけるneural-glial antigen2(NG2)抗原使用の有用性について.Cytometry Research 2015; 25(2): 21-26

8)       川村順平,児玉祐一,永迫博信,堀之内謙一,河野嘉文,西 順一郎.ロタウイルス腸炎後に腎後性急性腎障害を発症した1例.小児科臨床 2015; 68(11): 2041-2046

9)       山本貴博,渡邉健二,佐野のぞみ,宮永朋子,緒方ゆり,本田和子.乳児期のピルビン酸脱水素酵素複合体欠損症児の栄養管理.日本病態栄養学会誌 2015; 18(1):129-136

総説

1)       野村裕一.頸部リンパ節腫脹で発症する例を鑑別する.小児科臨床.2015; 78: 315-318

著書

1)       野中由希子.シェーグレン症候群.今日の小児治療指針第16版 p284-285,医学書院,2015

2)       岡本康裕.小児がんにおける症候と臨床像.小児血液腫瘍学 p78-79,診断と治療社,2015

3)       佐野のぞみ.各論―15.体温調節障害―.重症心身障害(Ⅰ)医療における治療指針―診断と治療― p216-p222, 株式会社 三和, 2015

4)       野村裕一.頻脈性不整脈.今日の小児治療指針第16版 p537-538,医学書院,2015

5)       徳田浩一.第2部ケーススタディ編 第18章 高校での麻疹アウトブレイク.感染症疫学ハンドブック p259-73, 医学書院, 2015

6)       徳田浩一.記述疫学をマスターしよう!「流行曲線を描く」.INFECTION CONTROL 24(8):85-8、2015

7)       徳田浩一.感染症対策「中東呼吸器症候群(MERS)とエボラ出血熱(エボラウイルス病:EVD)」.鹿児島大学医学部医師会報 第35号 平成27年度

2016年 和文

原著

1)       橋口 祥,相星壮吾,内門 一,奥 章三.アルギン酸ナトリウムとホスホマイシンカルシウムの併用で胃石を生じた長期臥床の1例.小児科臨床 2016; 69(1): 107-111

2)       今給黎 亮,池田 尚弘,中野 緩奈,二宮 由美子,丸山 慎介,田邊 貴幸,橋口 祥,塗木 雄一朗,福重 寿郎, 河野 嘉文.異物の長期停留に伴う呼吸不全を契機に診断された先天性食道憩室.日本小児科学会雑誌 2016; 120(1): 66-71

3)       徳永美菜子,西川拓朗,棈松貴成,中川俊輔,倉内宏一郎,児玉祐一,田邊貴幸,新小田雄一,岡本康裕,河野嘉文.敗血症後の非寛解期に移植後シクロフォスファミドを用いたHLA半合致移植を施行した小児急性骨髄性白血病.日本造血細胞移植学会誌 2016; 5(3): 102-106

4)       永留祐佳,岡本康裕,棈松貴成,西川拓朗,河野嘉文.肝芽腫とEwing肉腫を発症したLifraumeni like症候群と考えられる1例.小児科臨床 2016; 69(8): 1409-1415

5)       中野緩奈,池田尚弘,今給黎 亮,二宮由美子,上野健太郎,江口太助,野村裕一,河野嘉文.川崎病巨大冠動脈瘤で抗凝固療法中に重篤な下腿血腫を来した16歳女児例.小児科臨床 2016; 69(8): 1365-1368

6)       山遠 剛.重症心身障害者の痩せに対する漢方薬投与に関する考察. 日本小児東洋医学会誌 2016; 29:75-78

7)       井上博貴,西川拓朗,永留祐佳,棈松貴成,中川俊輔,児玉祐一,田邊貴幸,新小田雄一,岡本康裕,河野嘉文.全身に結節を認め診断に苦慮した未分化大細胞リンパ腫.小児科臨床 2016; 69(9): 1513-1518

8)       井之上寿美.クラミジア感染症.周産期医学 増刊号 周産期医学必修知識 第8版 46:648-649,2016

総説

1)       久保田知洋,武井修治.生物学的製剤はJIAの予後をどう変えているか?.分子リウマチ治療 9(2): 20-23, 2016

2)       野村裕一.「教える」 ということ.日本小児循環器学会雑誌 32(3): 187-188, 2016

3)       徳田浩一.夏のトラブル~予防と対策~「食中毒にご用心」.チャイルドヘルス19(8): 26-30, 2016

4)       山﨑雄一.若年性特発性関節炎と免疫抑制薬.小児科 57(13): 1678-1679, 2016

5)       山﨑雄一.若年性特発性関節炎と生物製剤.小児科 57(13): 1680-1681, 2016

6)       徳田浩一.夏のトラブル~予防と対策~「食中毒にご用心」.チャイルドヘルス19(8): 26-30, 2016

著書

1)     今中啓之.免疫・膠原病 全身性エリテマトーデス.小児科診療ガイドライン-最新の診療指針ー第3版 p.529 – 533,総合医学社,2016

2)     佐野のぞみ.夜中に何度も覚醒する前頭葉てんかんの男児例.てんかんの診かた P28-29, 新興医学出版社,2016 

3)     米衛ちひろ,髙橋 悟.てんかんとして治療されていた発作性非運道誘発性ジスキネジアの男児例.てんかんの診かた P140-141,新興医学出版社,2016

4)     徳田浩一.特殊状況下における小児のケア(生物テロ、血液の安全:輸血由来感染の危険性の減少、母乳).最新感染症ガイドRed-book 2015 p111-133,日本小児医事出版社,2016

5)     脇口宏之,武井修治. ガイドラインと最新文献で学ぶ小児科学レビュー2016-17.膠原病  P209-225,総合医学社,2016

報告書

1)        徳田浩一,川村英樹,小川 信,宮原広典,松尾敏明,西 順一郎.熊本県宇土市における感染対策JMATによる被災地支援.鹿児島県医師会報2016年7月号

2)         徳田浩一.第一種感染症指定医療機関.鹿児島大学医学部医師会報 第36号 平成28年度

2017年 和文

原著

1)       吉川英樹,田中主美.乳幼児期に遺伝子診断し得た母斑基底細胞癌症候群の同胞例.小児科臨床2017; 70: 219-224

2)       棈松貴成,丸山慎介,小川結実,荒武真司,徳田浩一,西 順一郎,河野嘉文.結核菌未検出ながら臨床的に結核性髄膜炎と判断し抗結核薬治療が奏功した1例.小児感染免疫 2017; 29(1): 49-54

3)       中村達郎,西川拓朗,大吉達樹,東美智代,有田和徳,河野嘉文.vincristine/carboplatinによる化学療法を施行した多発転移病変を伴う 線維形成性乳児星細胞腫.日本小児血液・がん学会雑誌 2017; 54(1): 39-43

4)       井上博貴,野村裕一,平林雅子,渡邉健二,楠生 亮,益田君教,鈴東昌也,船川慶太,鮫島幸二. 血性嘔吐を主訴に来院した新生児ー乳児消化管アレルギーの1例.小児科臨床 2017; 70(7): 1115-1118

5)       吉村加奈子,鈴木詩織,西郷今日子,上山真紀,畠中 愛,川邊なぎさ,國生かおる,吉田百合香,玉田 泉.病棟保育室における看護師の保育面での問題解決への取り組み~「今日の記録」の改良を通して~ 病児保育研究 2017; 8: 35-40 

6)       益田君教,野村裕一,森田康子,平林雅子,鮫島幸二.川崎病再発時の初期治療の強化にcyclosporin A併用を行った2歳男児例.小児科臨床 2017. 70 (3):335-339

7)       野村裕一,益田君教.川崎病の心血管障害.小児科診 2017.80 (増):270-273

8)       武井修治.小児期発症リウマチ性疾患の成人期移行.九州リウマチ2017; 37(1): 6-10

総説

1)  野村裕一.これまでの病因論の検証.細菌感染.川崎病の病因研究概論.日本川崎病学会病因検討小委員会  2016;4-7

2)  野村裕一.病因に関する仮説と課題.症状からの考察.川崎病の病因研究概論.日本川崎病学会病因検討小委員会 2016;36-38

3)    鈴木啓之,鮎沢衛,松裏裕行,野村裕一,中村常之,土屋恵司,高橋啓,浅井満.川崎病と免疫グロブリン療法について.日本川崎病学会免疫グロブリン療法に関するインフォームドコンセント用冊子.

著書

1)         岡本康裕.小児の白血病.今日の治療指針2017年度版 p1375,医学書院,2017(分担執筆)

2)         武井修治.急性リウマチ熱, ハリソン内科学日本語版第5版, pxx-xx, (福井次矢、黒川清編),メディカルサイエンスインターナショナル, 東京, 2017

3)         武井修治,.ANA, LE細胞、抗DNA抗体.小児臨床検査ガイド(第2版), p498-501m 文光堂, 東京, 2017

4)     武井修治,.若年性特発性関節炎診療ハンドブック.(武井修治、横田俊平、森 雅亮 編)メディカルレビュー社、東京、2017

2018年 和文

原著

1)         江口太助,櫨木大祐,上野健太郎.右冠動脈左バルサルバ洞起始症の2例.心臓 2018; 50(7):777-781

2)         武井修治.JIAのぶどう膜炎に対するIL-6阻害療法の有用性.リウマチ科 2018; 59(6):630-636.

3)         武井修治.特集:私の処方2018. 全身性エリテマトーデス. 小児科臨床2018; 71(5): 993-1001.

4)         長倉智和, 今中啓之,武井修治.Blau症候群に対するTNF阻害薬の長期有効性.リウマチ科 2018; 59(2): 185-193.

5)        中川俊輔, 岡本康裕, 児玉祐一, 西川拓朗, 田邊貴幸, 河野嘉文.高リスク髄芽腫の再発後にtemozolomide単剤で長期生存している小児例 小児血液・がん学会雑誌 2018; 55(1);33-36

6)         長友理沙,野村裕一,松永愛香,中﨑奈穂,新小田雄一,楠生亮,鮫島幸二.右下肢深部静脈血栓症を発症した抗リン脂質抗体症候群の11歳男児例.小児科臨床2018. 71(10): 1757-1761.

7)         三上裕太,野村裕一,池田博美,新小田雄一,楠生亮,四俣一幸,後藤倫子,野口啓幸,鮫島幸二.異物誤飲により十二指腸閉塞を来したAngelman症候群の10歳女児例.小児科臨床2018. 71(6): 1052-1056

総説

1)         岡本康裕.ダウン症候群に合併した急性リンパ性白血病. 小児血液がん学会雑誌   55 (3): 217-222, 2018

著書

1)         武井修治.関節リウマチ(RA)や炎症性腸疾患(IBD)罹患女性患者の妊娠,出産を考えた治療指針の作成研究班.全身性エリテマトーデス(SLE), 関節リウマチ(RA),若年性特発性関節炎(JIA)や炎症性腸疾患(IBD)罹患女性患者の妊娠, 出産を考えた治療指針.(代表;斉藤滋) 2018.3

2)         武井修治.リウマチ性疾患.ナースとコメディカルのための小児科学p165-171, 日本小児医事出版 東京,2018

3)         上野健太郎.胸部X線検査・心電図.川崎病学(日本川崎病学会編集)診断と治療社p79-82 東京, 2018.

4)         岡本康裕. 急性リンパ性白血病, 井田博幸, 小児の治療指針, 診断と治療社, p471-474 東京, ,2018 分担執筆

5)         野村裕一.Fridericia補正式.学校心臓検診実践マニュアルQ&A.特定非営利活動法人 日本小児循環器学会編.診断と治療社.151-152. 2018.

6)         野村裕一.本態性高血圧.小児・成育循環器学.特定非営利活動法人 日本小児循環器学会編.診断と治療社.627-628. 2018

7)         野村裕一.不全型の特徴.川崎病学.日本川崎病学会編.診断と治療社.95-97. 2018

8)   益田君教、野村裕一.参考条項.川崎病学.日本川崎病学会編.診断と治療社.65-67. 2018

2019年 和文

原著

1)        井上一利, 西川拓朗, 平木 翼, 佐々木裕美, 義岡孝子, 中川俊輔, 児玉祐一, 岡本康裕, 谷本 昭英, 河野嘉文.診断に難渋した前腕原発spindle cell sarcomaの1例.日本小児血液がん学会雑誌 2019;56(2):212-215

2)         田中裕治.鹿児島市学校心臓検診40年の歴史を振り返って~世界に類を見ない素晴らしい検診~. 鹿児島市医報 2019; 58 (9): 24-30

3)         池田尚弘,野村裕一,渡邉健二,島 貴史,立元千帆,益田君教,鮫島幸二.新生児-乳児消化管アレルギーによる重症脂肪肝を合併した1例.小児科臨床 2019; 72(1): 81-84

4)         谷山明彦,野村裕一,益田大幸,平林雅子,渡邉健二,新小田雄一,益田君教,山田正彦,鮫島幸二.弛張熱を呈した慢性硬膜下血腫の1歳男児例.小児科臨床 2019; 72:1431-1436.

5)         野村裕一,屋代真弓,益田君教,中村好一.不全型川崎病の増加には積極的診断が関与する.日児誌 2019;123:1634-1639

6)         長濱 潤,丸山慎介,三上裕太,楠生 亮,吉村道由,鮫島希代子,河野嘉文.ヒトパルボウイルスB19感染後に発症したGuillain-Barre syndromeの1例.小児科 2019;60(13):1825-1830

総説

1)         中江広治.心雑音を認める心疾患.赤ちゃんを守る医療者の専門誌withNEO 32(5):75-85, 2019

2)         武井修治.小児全身性エリテマトーデス.日本臨床 77(3): 428-435,2019

3)         武井修治.小児全身性エリテマトーデス(SLE) 成人SLEと何が違うのか?.分子リウマチ治療 12(3):121-125,2019

2020年 和文

原著

1)         池田正樹,西川拓朗,棈松貴成,川村順平,横山智美,平井克樹,宮原恵弥子,茂見茜里,猪川和朗,岡本康裕,右田昌宏,河野嘉文.自家末梢血幹細胞移植後に肺動脈性肺高血圧と移植関連血栓性微小血管症を発症した神経芽腫患児.日本造血細胞移植学会雑誌 2020; 9(2):60

2)         竹元將人,丸山慎介,宮園明典,塩川直宏,中川俊輔,岡本康裕,井手迫俊彦,河野嘉文.後部尿道弁でピポキシル基含有抗菌薬の排泄が遅延しC5上昇が持続した1例.日本マススクリーニング学会誌 2020;30(1):43-49

3)         橋口 祥,福重寿郎,水流尚志,井上博貴,楠田政輝,西順一郎,河野嘉文.伊佐市のロタウイルスワクチン公費全額助成とロタウイルス胃腸炎入院率の減少.小児保健研究 2020;79(2):178-183.

4)         森尚子, 加藤陽子, 新小田雄一, 大曽根眞也, 嘉数真理子, 佐野弘純, 篠田邦大, 矢野道広, 石田裕二, 斎藤雄弥, 澤田明久, 豊田秀実, 足立壯一, 福島啓太郎.小児がん治療施設から見た緩和ケアの課題 ―JPLSG施設調査より 第1報―.日本小児血液・がん学会雑誌 2020;57(1):33-37

5)         加藤陽子,森尚子,新小田雄一, 大曽根眞也, 嘉数真理子, 佐野弘純, 篠田邦大, 矢野道広, 石田裕二, 斎藤雄弥, 澤田明久, 豊田秀実, 足立壯一, 福島啓太郎.小児がん患者に対する疼痛管理の現状と課題 ―JPLSG施設調査より 第2報―.日本小児血液・がん学会雑誌  2020;57(2):178-184

6)         吉川英樹,竹元將人,江口太助.アセトアミノフェンによる急性汎発性膿疱性発疹症. 皮膚病診療 2020;42(7): 584-587

7)         稲葉泰洋,濱田 陸,原田涼子,橋本淳也,久保田亘,寺野千香子,三上直朗,幡谷浩史,黒田淳平,水口卯生子,柿沼亮太,近藤昌敏,河野達夫,本田雅敬.膵臓超音波検査を契機に診断に至ったHNF1B異常症の1例.日本小児腎臓病学会雑誌 2020

8)         川村順平,櫨木大祐,上野健太郎.遠位部胸部大動脈に限局したMid-aortic syndromeの1例.日本超音波学会雑誌 2020;47(1):29-30

9)  山田佳奈、野村裕一、馬場淳徳、池田尚弘、久保田知洋、櫨木大祐、新小田雄一、楠生亮、鮫島 幸二.急性汎発性発疹性膿疱症を合併した難治性川崎病.小児科学会雑誌 2020. 124(12):1727-1732 

総説

1)         井之上寿美,小沢 浩.特集 小児のリハビリテーション 特集にあたって オーバービュー(低出生体重児の発達予後含む).Clinical Rehabilitation(クリニカルリハビリテーション) 2020;29(6):522-527

2)         武井修治.小児診療ガイドラインのダイジェスト解説&プログレスー全身性エリテマトーデス 小児科 2020;61(5):616-621.

3)         武井修治.免疫・炎症性疾患のすべてー若年性特発性関節炎(JIA).日本医師会雑誌 2020;149(2):209-211.

4)         武井修治.小児リウマチ性疾患の呼吸器病変.小児呼吸器学会雑誌2020;31(2); in press

5)         岡本康裕.発熱性好中球減少症時の抗微生物薬 小児内科 2020;52:1499,1504,

著書

1)     久保田知洋,小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化研究班,若年性特発性関節炎分担班.若年性特発性関節炎における生物学的製剤使用の手引き 2020年版.羊土社.2020:50-56

2)     久保田知洋,小児期および成人移行期小児リウマチ患者の全国調査データの解析と両者の異同性に基づいた全国的「シームレス」診療ネットワーク構築による標準的治療の均てん化研究班,若年性特発性関節炎分担班.成人診療科医のための小児リウマチ性疾患移行支援ガイド.羊土社.2020:64-72

3)     久保田知洋.小児リウマチ学.日本小児リウマチ学会編.朝倉書店.2020:114-119

4) 山﨑雄一.小児リウマチ学.Blau症候群. 日本小児リウマチ学会編.朝倉書店.2020:228-231

5)     野村裕一.特殊な病型における診断上の注意点.川崎病 診断の手引きガイドブック 2020.日本川崎病学会編.診断と治療社.2020:11-12

6)     佐野のぞみ.体温調節障害.改訂版 重症心身障害 医療における治療指針-診断と治療一.2020

7)     武井修治.急性リウマチ熱.今日の臨床サポート改訂第4版,監修:今井 靖.エルゼビア・ジャパン 東京 2020(電子版)

8)     武井修治.小児リウマチ性疾患の治療と管理―その成り立ちと現状,残された問題点.小児リウマチ学 日本小児リウマチ学会編 朝倉書店 東京 2020:41-47.

9)     武井修治.若年性特発性関節炎.新機能抗体開発ハンドブック,監修:浜窪隆雄 NTS,東京2020, (電子版)

10)     武井修治.急性リウマチ熱.新臨床内科学 第10版.監修:矢崎義雄,医学書院 東京 2020;1765-1767

11)  武井修治.小児非感染性ぶどう膜炎診療の手引き2020年版 羊土社 東京 2020,(in press)

12)  武井修治.小児リウマチ性疾患.内科学12版,編:矢崎義雄 朝倉書店 東京 2020,(in press)